(日本語) ギニアからの国際電話について

Facebooktwitterpinterestlinkedintumblrmail

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

みなさんこんにちは。

今回のブログではtellowsで多数報告があったギニアからの国際電話についてお伝えしていきます。

国際ワン切り詐欺とは、どのような手口なのか

tellowsのユーザーによりますと、ギニアからの国際電話でワン切りをされたとの報告が2020年1月9日に相次いでいます。今回の報告では、主にギニアからの国際電話に出たところ、電話が切れたというようなものが多数でした。

この種類の迷惑電話は国際ワン切りに分類され、主に全く心当たりのない海外の電話番号から一から複数回着信があった後に、電話が切れたり、電話に出ても反応がなかったり、「そのままお待ちください」などと音声が流れ、待機を促されます。

ブログの最後には、国際ワン切り詐欺の背景と対策について見ていきますので、最後までご一読ください。

tellowsユーザーの報告

ギニアからさんは 電話番号+2243562301をワン切りとして報告しました

2020/01/09 12:29 いわゆるワン切り詐欺だと思います。ご注意を

匿名さんは 電話番号+2243060635をワン切りとして報告しました

電話に出たらすぐに切れました。

匿名さんは 電話番号+22455101692をワン切りとして報告しました

ワン切り詐欺だろうね。

国際ワン切り詐欺の仕組み

不特定多数の電話番号を入手した詐欺業者が、海外の通信会社と契約を結び、着信に対して被害者が出てしまったり掛け直すことで、通話料が発生します。応答したことにより発生した多額の国際通信料の一部が通信会社より詐欺業者に支払われる構図です。

そのため通話時間を引き延ばそうと待機するよう案内をしたり、通信会社により1秒や30秒、60秒単位などでカウントされるので、場合によっては、出てしまったら1秒でも60秒でも同じ通話料が発生します。

また、国際ワン切りについて詳しく知りたい方はこちらのブログをご覧ください。

tellowsからのアドバイス

‐ + から始まる、海外から心当たりのない電話番号から着信があった場合、電話に出ない、掛け直さないよう十分にご注意ください。

‐ また、仕事などの都合で海外とよく連絡を取る方は、見覚えのない、不安に感じた場合は、tellowsのでサイトなどで検索、そして迷惑電話の報告や共有をお願いします。

繰り返しかかってくる場合は、tellowsのアプリによる認識とブロックをおすすめしています。

Apple製品をお使いの方はこちらよりダウンロードいただけます。

Androidをお使いの方はこちらよりダウンロードいただけます。
Androidでは現在日本語には対応しておりませんが、英語版をご利用いただけます。

年始という時期でみなさんお忙しい中だと思いますが、十分にご注意願います。

では、また次回のブログで。

 

Facebooktwitteryoutubeinstagram

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *