Category Archives:

(日本語) 増加する消費者被害について、知っておくべきこと

Facebooktwitterpinterestlinkedintumblrmail

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

皆さんこんにちは。

2020年も明けたところで、今回のブログでは、再び迷惑電話や電話を通して行われる詐欺や消費者被害にについて注意喚起をしていきます。

消費者トラブルの増加
皆さんもインターネット通してお買い物をするなどのサービスを利用したことはありますでしょうか。近年では、一般的になりつつあるオンラインショッピングなどのサービス。2018年を皮切りにこのようなサービスが消費者を巻き込むトラブルの元になっており、増加の傾向にあることはご存じでしょうか。消費者庁(こちらでご覧いただけます)が発表している統計の中で消費者被害、トラブル額(被害者本人が自覚しているもの、していないもの、少額、高額を問わず全てを含む)全体の金額は2017年には約4.9兆円、2018年には5.4兆円と推定されています。また、詳しく見ると、本人が認識しているトラブルのうち高額なものについては2017年に一人当たり約91万円だった金額が、2018年には約107万円に、そして高齢者本人が気付きにくいトラブルについては約92万円とされていた金額が約95万円に増えており、一人当たりの被害額が増加しています。

Continue reading

Facebooktwitteryoutubeinstagram

(日本語) ギニアからの国際電話について

Facebooktwitterpinterestlinkedintumblrmail

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

みなさんこんにちは。

今回のブログではtellowsで多数報告があったギニアからの国際電話についてお伝えしていきます。

国際ワン切り詐欺とは、どのような手口なのか

tellowsのユーザーによりますと、ギニアからの国際電話でワン切りをされたとの報告が2020年1月9日に相次いでいます。今回の報告では、主にギニアからの国際電話に出たところ、電話が切れたというようなものが多数でした。

この種類の迷惑電話は国際ワン切りに分類され、主に全く心当たりのない海外の電話番号から一から複数回着信があった後に、電話が切れたり、電話に出ても反応がなかったり、「そのままお待ちください」などと音声が流れ、待機を促されます。

ブログの最後には、国際ワン切り詐欺の背景と対策について見ていきますので、最後までご一読ください。

Continue reading

Facebooktwitteryoutubeinstagram

(日本語) SMS詐欺にご注意!12月は詐欺が急増

Facebooktwitterpinterestlinkedintumblrmail

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

皆さんこんにちは。

ホリデーシーズンも間近に迫っていますが、改めて急増しているSMS詐欺について考えていきましょう。

特殊詐欺国際ワン切り詐欺と並んで、tellowsの発信者タイプの種類にSMS(Short Message Serviceの略)詐欺があるように、このタイプの詐欺は増える傾向にあり、一般的となりつつあります。

迷惑電話の発信者の種類について詳しくご覧になりたい方はこちらのブログをご覧ください。

SMSで実在するインターネットショッピングサイトや宅配会社を名乗り、荷物預かり、料金未払い、懸賞当選や割引の提供など謳い文句は様々ですが、URLのリンク先にアクセスするよう指示するものがほとんどです。このリンク先に飛んでしまうと個人情報の入力を求められます。場合によっては、個人情報を提供しなくても、電話番号などのデータを盗み取られ、詐欺に悪用されることもあります。

また9月以降目立ったのが、インターネットバンキングを装い、銀行口座の利用停止をされるというSMSを通じてURLにアクセスしてしまった際に、暗証番号を盗み取られ、知らない間に詐欺グループに送金されたという内容ものでした。

Continue reading

Facebooktwitteryoutubeinstagram